メラニン色素の役割を考えなおしてみる!メラニンが果たす役割

22 6月 2017 | By beautifullife in 未分類

メラニン色素の役割って皆さんご存知ですか?意外と感じる人もいるかもしれませんが実は肌にとって大事なメラニンなのです。今回はメラニンの役割について詳しく紹介していきますので参考にしてみてくださいね。

メラニンはシミの元になるというイメージがあり、肌にとって悪いものと考えている人も多いと思いますが、実は肌を紫外線から守るという大切な働きを持っています。

メラニン色素とは、人間だけでなく、他の動物や植物、一部の菌類などに形成される色素で、黒色メラニンと肌色メラニンの2種類があります。黒人、白人、黄色人種で肌の色や髪の色が違って炒るのは、黒色メラニンと肌色メラニンの量に違いがあるためです。

黒色メラニンが多いほど肌や髪の色が黒く濃くなるのです。加齢により黒髪が白髪になりますが、メラニンサイトを生み出す幹細胞の衰えにより、毛根でメラニンが生産されなくなってしまうという事が考えられます。

メラニンの働きですが、表皮の基底層にあるメラニンサイトにより生成されるのですが、メラニンサイトは紫外線などの刺激を受けるとメラニンを作り出すようになっていて、これは、メラニン色素を含む表皮細胞でバリアーゾーンを形成して、肌細胞が紫外線の刺激を受けないようにするためなのです。

こうすることにより、紫外線によるDNAの破壊や皮膚がんの発生を未然に防ぐ事が出来ます。メラニン色素は肌のトラブルや病気を防ぐためになくてはならない物質と言えるのです。

メラニン色素とシミの関係についてですが、メラニン色素はシミが出来てしまう原因と思っている人もいますが、それは、過剰に生成されたメラニンが色素沈着を起こしてシミになってしまうのです。

紫外線は肌に有害な物質が含まれています。これを肌に浴びてしまう事により、表皮細胞で活性酸素が生じて、活性酸素は、体に取り込んだ細菌などから細胞を守ることができる役割があります。

しかし、増えすぎてしまう事により、細胞にダメージを与えて肌の老化の原因となってしまい、ダメージをやわらげるために肌細胞を守ろうとする働きがあるのが、情報伝達物質となっています。

メラニン色素を作り出す細胞メラノサイトに肌の色素を濃くして守りなさいと指令を出します。そうすることにより、メラノサイトはシミの元となるチロシナーゼという酵素を活性化します。チロシナーゼは酸化して、チロシンというアミノ酸の一種をメラニンに変化させていき、黒褐色の色素が肌の表面に押し上げられていきます。

スーパーホワイトEX口コミ

多くの美容化粧品に、ハイドロキノンなどチロシナーゼを抑制する成分が含まれているのは、肌にシミが現れる前にブロックする為なのです。メラニン色素は紫外線や活性酸素によるダメージを受けて、肌細胞を守ってくれる大事な存在です。

日焼けをしたときなどにメラニン色素がない場合には、真皮まで紫外線の影響を受けてしまい、肌の状態はボロボロになってしまいます。メラニンは肌のガードマンと言える存在なのです。

メラニン色素に対してシミを防ぐためには、ターンオーバーを整えることが何よりも大切になってきます。年齢を重ねることによる、周期が衰えてしまい、メラニンの含まれた古い角質が剥がれ落ちずに残ってしまいます。

また、古い角質が毛羽立って、ごわついてしまうだけでなく影によって肌全体がくずんで見えてしまう事もあります。そこで、メラニンを表皮細胞に留まらせず、フレッシュなプリプリな肌を保る生活習慣を心がける必要があります。

日常の生活の中で、睡眠不足にならないように快適に寝る事ができる環境でしっかり睡眠をとるようにして、適度な運動を取り入れていくようにしましょう。また、今の時代はストレス社会と言われていますが、ストレスを溜めないように自分なりの発散方法を見つけて、食生活においてもバランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

新陳代謝の促進に良いと言われている栄養素は、メラニンの生成を抑える事ができるビタミンCは体内に蓄積されにくいので、毎食気をつけて摂取するように心がけていく必要があります。

また、紫外線の強い夏には、特に日傘やサングラス、日焼け止めクリームなどを使って紫外線対策をして肌を守っていきましょう。秋や冬でも紫外線を浴びるのでそれなりのケアを行っていく必要があります。

メラニン色素は悪い影響を及ぼしてしまうと思っていましたが、こうして詳しく見てみると何よりも肌を守ってくれている存在という事を知ることが出来ました。カバーできない分は、日常の生活習慣を見直していくことにより、シミの悩みを抱えることなく、予防できる点も知れたので良かったです。

特にこれから紫外線の強い夏になるので、自分なりの対策を行って、肌を守っていく必要があります。日焼け止めだけでなく、日焼けしたと感じた時には、特にビタミンCの摂取を意識するようにしましょう。

Leave a Comment